エイジングケア

エイジングケアで肌老化を改善

年齢を重ねるにつれて増えてくる肌トラブル。しみ、しわ、たるみなどが出来やすくなります。エイジングケアのポイントは「抗酸化対策」「ターンオーバー促進」「保湿」です。

 

 

「活性酸素」は肌内部の細胞や血管にダメージを与えます。紫外線をはじめ、ストレスなどによって発生します。活性酸素が増えてしまうとコラーゲン減少、肌の代謝低下などによりシミやしわが出来やすくなります。活性酸素を除去には抗酸化作用のある「ビタミンC誘導体」「コエンザイムQ10」「αリポ酸」「アスタキサンチン」などが有効です。

 

 

エイジングケアにはターンオーバーの促進も重要です。年齢を重ねるにつれてターンオーバーは遅くなります。通常は28日周期ですが、40代になると約40日ほどかかります。傷の治りが遅くなったり、シミができやすくなります。ターンオーバーを促進にはEGF、FGF,プラセンタなどの成長因子をはじめ、ピーリングによる古い角質の除去が有効です。

 

 

保湿についてはセラミドが最も重要です。セラミドは角質層の細胞間脂質となり、肌水分を保持します。さらに、紫外線などの外部刺激の侵入を抑制します。

 

 

エイジングケアにおすすめのオールインワン化粧品

 

青じゅる

老化の原因に新陳代謝の低下があります。青じゅるはEGF成分でターンオーバーを促進し、皮膚の代謝をあげて肌にハリ・弾力をもたらします。

 

SPプレミアム

3種類のコラーゲンで肌のハリと弾力を保持。さらにフラーレンが肌の新陳代謝を活性化してコラーゲン生成力をアップさせます。

 

メディプラスゲル

浸透型コラーゲンとヒアルロン酸で肌にうるおいを補給。さらにセラミドで肌水分の蒸発を防止し、バリア機能で紫外線ダメージをカット。

page top